コンブにラッコ。

今日も波間から 世界を眺める 

【なまラッコラボ】Summer Frame 8

Summer Frame(サマーフレーム)は、夏の景色をフレームに切り取った、イラストとコトバのスクエア・アルバム。どこかの海、どこかの山、どこかの夏。思い出と幻想がひとつになって生まれた「Summer Frame」全15フレームを、どうぞごゆるりとお楽しみ下さい。

 

 

summer-frame-8

 

 

パッとひらいた葉の上に、迷路のようなクネクネ模様。これは何ぞやと覗き込んでみると、どうやら葉の中を虫が通った跡らしい。人間にとっては厚みのない葉っぱも、小さな虫にとっては高さのある空間。生きた植物の組織の中を、ズンズンズンズンと進んで行ったのだ。その時、虫にはどんな景色が見えていたのだろう。どんな音が聞こえていたのだろう。

 

水分を含んでいそうな葉っぱだから、シトシト濡れていたかもしれない。明るい太陽の下で、少し温もっていたかもしれない。蛇行して進んでいるのは、通りにくい場所があったからだろうか。それとも子供みたいに、ブーンと言いながら旋回して遊んだのか。どんな虫かは知らないけれど、葉に描かれた模様には、何か心惹かれるものがある。

 

それにしても葉っぱは元気。「パッパパラリラ!」とラッパの真似をして、青い夏空に歌っているようだ。高らかに響くトランペットに合わせ、虫の迷路はネオンライトよろしくピカピカ光る。「イカした落書きをサンキュー!」と、跡をつけた虫にお礼を言ったりして。意外と葉っぱの中は、重厚なウッドベース音に満たされたくつろぎの空間かも。

 

 

 

 

前回の「Summer Frame」↓↓

www.racco.blue

 

なまこブログでもコラボ公開中↓↓

www.namako.blue

 

本日の一曲『 ハトと少年(天空の城ラピュタ) 』

ハトと少年(天空の城ラピュタ)

ハトと少年(天空の城ラピュタ)

  • 上野の森ブラス
  • サウンドトラック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

ジブリアニメ「天空の城ラピュタ」の中で、パズーが屋根の上(家の頂上?)で吹くトランペット。朝の空気に爽やかに通る。トランペットの曲は星の数ほどあるのに、どうしてもこれが最初に出てしまう。なまこさんに「トランペットの曲と言えば?」と訊いたら、やはり「パズー」と返ってきた。世代なのか、なまこ家だからか、はたまた日本人だからなのか。