コンブにラッコ。

今日も波間から 世界を眺める 

【なまラッコラボ】Summer Frame 6

Summer Frame(サマーフレーム)は、夏の景色をフレームに切り取った、イラストとコトバのスクエア・アルバム。どこかの海、どこかの山、どこかの夏。思い出と幻想がひとつになって生まれた「Summer Frame」全15フレームを、どうぞごゆるりとお楽しみ下さい。

 

 

summer-frame-6

 

 

悠久の時を泳ぐカメの背中には、お手紙ボックスでもついているのだろうか。あの広くて赤い甲羅を見ていると「さぁ、お手紙のっけてくださいよ」と催促されているような気がする。海と陸とはつながっていて、陸と陸とは海につながれている。そうしてひとつの球体ができている訳だけど、地球一周は歩いては行けない。

 

カメが差し出す背中は、人が歩いて渡れない海という領域を、点と線とでつなぐ渡し船。A陸からB陸へ、海流に乗ったりサンゴ礁に寄ったりしながらも、緩くまっすぐ、遠くまでつなぐ。波に任せたメッセージボトルよりは確実に、手紙は相手に届くかもしれない。ただし悠久、されど悠久。お時間頂戴いたしたく。

 

もっと遠くまで行ってみよう。カメの郵便屋がそう決めた時は、お届け範囲が次の島まで伸びたりする。「今回なら行けますよ」なんて言われて、いつもより離れた土地の人にメッセージを送れる。できれば返事は少ない方がいい。私は元気ですとか、あなたもお元気でとか、なるべく答えなくてもいい手紙。書いたことを30年、覚えてなくてもいいように。

 

 

 

 

前回の「Summer Frame」↓↓

www.racco.blue

 

なまこブログでもコラボ公開中↓↓

www.namako.blue

 

本日の一品『 モアナと伝説の海 』

日本で2017年に公開された、ディズニーのアニメーション映画「モアナと伝説の海 」。かつて半神のマウイが盗んでしまった女神テ・フィティの心。その「心」をマウイに返させるため、彼を探し出し、女神の元へ連れて行く役目に選ばれた少女モアナの物語。美しく描かれる海と、快活ながら芯のある、たおやかなストーリーに心動かされる。