コンブにラッコ。

今日も波間から 世界を眺める 

「トマトを氷でガラガラしたやつ」の爽やかなこと。

tomato-garagara

 

とても簡単で、とても爽やかなトマトの食べ方がある。暑い夏の時期に、同居人のなまこさんが実家で食べていたというこの料理。特に名前がないので、わが家では「トマトを氷でガラガラしたやつ」とか、単に「トマトのガラガラ」と呼んでいる。

 

この食べ方だと、食欲のない時や、暑くて食べものが喉を通らない時でも、不思議とスルスルいけてしまう。ラッコの母に教えたら、あっという間に祖父母まで広まった人気の一品なので、夏向きの食べものとして、軽く作り方を書いておきたいと思う。

 

「トマトのガラガラ」の作り方

  材料 トマト、氷、砂糖。

 

  1. トマトを湯むきして、ざく切りする。
  2. トマトを器に入れ、氷と砂糖を加える。
  3. 全体がなじむよう、箸などでガラガラ混ぜる。
  4. 冷たくなったら、完成!

材料、作り方ともにシンプルこの上なし。言ってしまえば、トマトの他には水と砂糖しか入っていない。冷やしトマトと何が違うのかと、食べる前は思うのだが、食べてみると全然違う。果物よりもさっぱりした、フレッシュなデザートに近いかもしれない。

 

tomato-kawamuki

 

今回はそれこそ、なまこさんの実家で採れたミニトマトを使った。小粒で新鮮なため、食感がしっかりとした「ガラガラ」になった。たぶんノーマルサイズのトマトの方が、この食べ方には合っていると思う。混ぜる間に実とスープと砂糖が合わさって、口当たりの柔らかい「ガラガラ」に仕上がる。

 

分量はすべて適量。トマトが冷えるほど氷を入れて、砂糖も味を見ながら好みの量まで増やしていく。もしトマトの皮が硬ければ、湯むきをしておくと食べやすい。湯むきは、ヘタと逆の方に十字の切り込みを入れ、熱湯に浸して皮がはじけたら冷水に取る。すると皮はツルンと剥ける。

 

混ぜてすぐ食べても美味しいし、冷蔵庫でなじませるとスープが出て、その感じもまた美味しい。甘すぎず甘く爽やか、喉越しの良い「トマトのガラガラ」は、この夏もわが家で大活躍しそうだ。買い物バッグを持って、熟れたトマトを探しにいかなくては。驚くほど簡単なので、トマト好きな方には、オススメしたく候。

 

本日の一曲 『 あなたにサラダ 』

あなたにサラダ

あなたにサラダ

  • DREAMS COME TRUE
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

トマトが出てくる曲は何かあったかと考えたら、DREAMS COME TRUEの「あなたにサラダ 」が思い出された。ポップな曲調で歌われる日常の風景が楽しい。歌の中ではトマトの3つ入りを1パック買っているが、2人で食べるなら、今回の「ガラガラ」にも丁度良い量。仲良き人と共にする食事は、かんたんなものでも、世界でいちばんおいしい。