コンブにラッコ。

今日も波間から 世界を眺める 

【なまラッコラボ】口はっちゅう手はっちゅう2

kuchihacchu-tehacchu2-1

 

ヘカットさん

ヘカッと笑うって、どういうことか分かるかい?軽くタバコをふかしながら、ヘカットさんは問いかける。「ヘカッと」ってのは「へらっと」じゃねえのさ。「二カッと」でもねえのさ。じゃあ「へらっと、ニカッと」が「ヘカッと」かというと、意外とそうでもねえ。「ヘカッと」ってのは、そうこれよ、ちょいと一服ふかして、息抜いた時に出る笑い。ヘカッと。ほらな。なにごとも、これっくらいで丁度いいのさ。

 

 

kuchihacchu-tehacchu2-2

 

ハートクラリスさん

どうにも惚れっぽい性格のハートクラリスさん。今日も今日とて、何かに一目惚れした様子。なぜかって胸元を見ればすぐに分かる。ほら、真ん中が「ハートでクラリ」しているから。クラリスさんの首の先、目線の先を伸ばしてみると、つっつっつっ、、あっ、なるほど。今日のトキメキ相手は、風に揺れる洗濯物。ピンクや黄色やオレンジの布が、青空にはためいてキレイなんですって。そりゃハートもクラリするワケだ。

 

 

kuchihacchu-tehacchu2-3

 

エンドロゲッシさん

ハイエンドロー、ハイエンドロー!の掛け声で、ゲッシゲッシと前進するのはエンドロゲッシさん。高いとこから低いとこ、空とて、水の中とて陸地とて、どんなとこでも行きますよ~と、一途に前向きに歩き続ける。その力強さはどこから来るのか訊いてみれば「そんなのオレのやる気に決まってるっちゅーの!」そのやる気はどこから来るのかと訊けば「そんなのオレの笑顔に決まってるっちゅーの!」終始わが道を行く、ゲッシさんはたくましや。

 

 

次の「はっちゅう」につづく。

 

 

前回の「はっちゅう」

www.racco.blue

 

仲良しブログでもコラボ公開中↓↓

www.namako.blue

 

本日の一品 『 スチュアート・リトル 』

「ゲッシ」と言えば、げっ歯類。げっ歯類といえば、ネズミ。そんな訳で、ネズミのスチュアートが主人公の映画「スチュアート・リトル」。日本では2000年に公開されたアメリカ映画である。実写の中にCGのスチュアートが登場するのだが、表情豊かに描かれているので、(少し古くとも)違和感なく見ることができる。

 

二本足で立ち、服を着て、人間の言葉も喋るネズミのスチュアートと、そんな彼を養子に迎えた人間の家族との物語。小さいネズミゆえに起こるハプニングに笑いつつ、はたして無事に家族の一員になれるのかと、ちょっとハラハラしながら見る。クラシックな佇まいの家や、人々の装いも楽しい。スチュアートの声は、マイケル・J・フォックスが演じている。