コンブにラッコ。

今日も波間から 世界を眺める 

茶白と白黒、ネコの毛で作った「毛玉ボール」。

neko-kedamaball-1

 

暑さ寒さが交互にやって来るこのふしぎな季節、わが家のネコたち、茶白のコブさんと白黒のモッツさんはせっせと換毛している。もう落ちてなんぼという感じなので、こうなったらオモチャのひとつにでもしてしまおうと、ブラシで梳いた時に出たネコの毛で「毛玉ボール」を作った。コブさんとモッツさんで色が違うのが面白い。

 

ネットやインスタグラムでも、ネコの毛で作った帽子やボールを見たことがあるが、それはきれいでオシャレなので驚いてしまう。うちのはただ丸めただけ、ぺたんこにしただけのネコ毛ボール。それでも薄く広げた毛束を少しずつ貼り合わせ、ぎゅっと握って硬いボールに仕上げるのはなかなか手間がかかる。作ったのはラッコでなく同居人のなまこさんだ。

 

 

わが家で使っているブラシは「ファーミネーター」。毛並みに合わせて優しく梳かすだけで、抜け毛がすんなり取れる快適ブラシ。うちの2匹はブラッシングがあまり好きではないため、コブさんは気分の良さそうな時に、モッツさんは爆睡している時にブラッシングする。言っても年中換毛期みたいなものなので、がっつりまとめてというよりは、気づいた時にちょこちょこ梳かすようにしている。

 

そうして抜けた毛を取っておいて、たまった時点で丸めたものが今回の毛玉ボール。ちゃんと作るなら、洗剤や熱湯で消毒する方が良いらしい。うちの場合は、しばらく遊べればいいかの臨時オモチャ。どうせまたすぐに毛はたまることだし。さてモッツさんとコブさんは、自分の毛で出来た毛玉ボールにどんな反応をしたかというと、、

 

 

neko-kedamaball-2

 

まずはモッツさん。やはりなのか、最初に白黒の「モッツ玉」に反応。そうそう、それがあなたのマイボールでございますよ。ツ、ツツと手先で少しずつ横にずらしていく。うちのネコたちは、こうして台に載っているものを落とすのが楽しいらしい。気をつけないとスマホや携帯まで「ツツツ」の対象にされる。じゃあその毛玉、落としちゃって下さい。

 

neko-kedamaball-3

 

と思ったら、えいっ! 「コブ玉」が落とされた。これ違う匂いってことだろうか。それとも丸くて転がりが良いから?なんかコブさんが落とされたような感じがして「あぁ~っ」とか言う人間たち。どれを触るのかと好奇の目で見ていたから、ご期待に応えてくれたのかもしれない。結局、モッツさんは毛玉ボールよりネズ公の方が良いらしい。

 

 

neko-kedamaball-4

 

お次はコブさん。こちらは最初から「コブ玉」をお渡ししてみた。お得意の「床でころころ」をなさりながら、なんとなく匂いに反応している?ほらコブさん、あなたの毛玉ボールですよ。そんなのんびりしてないで、手でも伸ばしてみてはいかが?悠々自適の茶白ネコ、ちょびっとニャン歯を見せつつ、のほほんぶりを発揮する。じゃ、仕方ない。コブさんの上に、毛玉ボールをポイっとな。

 

neko-kedamaball-5

 

君子豹変す。ワニャニャニャニャ!と掴んで齧ってネコキック。先程までのゆらゆら気分から、一気に「秘技・百万蹴りっ!」なハイテンションのコブさんに。あー、遊んでもらってありがたいケド、そんなに蹴ったら毛が舞い散るぅ、、自分の匂いだと悟ったのか、コブさんはこの「コブ玉」を気に入って遊んでいる。お遊びモードの時に転がすと、子馬のようにパカラッ、ポコロッと足を鳴らして追いかける。なんとも愛らしい。

 

 

neko-kedamaball-6

 

ネコの毛で作る「毛玉ボール」。どうやらネコたちの新しいオモチャになり得たようだ。コブさんはもちろん、モッツさんも、たまにぺたんこの「モッツ玉」でネコ足ホッケーして遊んでいる。2匹の毛を合わせた「コブモッツ玉」も何となく使っているし、自分の匂いが絶対ではないらしい。衛生面もあるので、暫くしたらまた次のボールに替えてあげよう。

 

モッツさんがどの毛玉でよく遊んでいるか、なまこさんに尋ねた。すると「モッツさんはクモと遊ぶのも好きだよね」と。そういえば最近、家の中でクモを見かけるようになった。小さくて実害もないのだが、モッツさんのハンター目線が、たまにクモ氏の実害となっている。コブさんは「ボク、虫とか苦手だから」の人。お気に入りのオモチャはキラキラの紐。キミは坊ちゃんか。

 

 

ネコたちのオモチャをより詳しく↓↓

www.racco.blue

 

なまこイラストの白黒モッツさん↓↓

www.namako.blue