コンブにラッコ。

今日も波間から 世界を眺める 

【なまラッコラボ】まかふしぎのトビラ13

makafushigi-no-tobira

 

ようこそ、まかふしぎのトビラへ。

 

今日開きますは

 

「まるのトビラ」

 

makafushigi-no-tobira13

 

 

世に言うピンポン球は、あの羽子板状のラケットで打ち合うスポーツに使う球。一方、ピンポンお嬢さまのピンポン玉は、大正解の「まる」を示す「ピンポン!」の音の玉。そんな誰の心にも転がっているピンポン玉を、外へ転げた瞬間に打ち返すのがお嬢さまの役割。だってその方がピンポン!と聞こえるでしょう?と彼女は笑う。

 

玄関のインターホンやコンビニの入口で聞くチャイムとは違って、「まる」のピンポンは、心の中だけで響く音。人によって宝石が転がったような音や、子供用のミニピアノのような音、クイズの早押しボタンのような音、はたまた言葉で言ったピンポン!に聞こえるらしい。お嬢さまの打ち返すピンポン玉は、その人の心の中で鳴る音を、鏡のように跳ね返す。

 

ピンポン!ピンポン!と2回響いたら、どんな正解も大正解に変わる。まるで世界はピンポンね、とお嬢さまは言う。嬉し喜び、楽し喜び、そのたびに転がるピンクや黄色の音の玉。迷子の「まる」はワタシの元へ。誰かの残した「はぐれピンポン」を連れ歩き、見つけたその場でピンポン!と音を鳴らして打ち返す。「まる」があるのは、元々「せかい」は「せーかい」だからと、ピンポンお嬢さまは知っている。

 

 

それではまた、次のトビラで。

 

 

前回のトビラ

www.racco.blue

 

 

こちらでもコラボやってます。

www.namako.blue

 

本日の一品 『 六花亭 六花のつゆ ミニ缶 』

ピンポン玉は、六花亭のお菓子「六花のつゆ」みたいな色をしている気がする。淡くて優しい、半透明のボンボン。その小さな粒を口に含むと、薄い砂糖の殻がシャリッと崩れ、お酒が広がる大人のお菓子。ワイン・ブランデー・うめ酒・ペパーミント・コアントロー・ハスカップの6種類の味、どれを手に取るか迷ってしまうが、きっとどれを取っても大正解。六花亭は北海道。「マルセイバターサンド」も「まる」である。

 

六花のつゆミニ缶 | 六花亭