コンブにラッコ。

今日も波間から 世界を眺める 

夜な夜な、お茶とお菓子とYouTubeチャンネル。

yuugure

 

日暮れの空はグラデーション。沈む太陽に合わせて色を変えて行く。最後の夕映えが消えると空は一瞬白くなり、そこへ夜のとばりが下りて来る。まさに舞台が幕を閉じたように一日が終わる。なんてことを書いていたら、キリンジの曲「愛のcoda」を思い出した。「雨に煙った飛行場はモノクローム」という出だしがインパクトのあるとても美しい曲だ。

 

愛のCoda (オリジナル)

愛のCoda (オリジナル)

  • KIRINJI
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

夜が訪れ、心も体も解れきった頃、ラッコは同居人のなまこさんとソファに並び、ネコを膝に抱えてYouTube動画を眺める。なまこさんの淹れてくれた温かいお茶と、好みのお菓子を少々。ちょこちょこ摘みつつ、好きなYouTubeチャンネルの新着動画をチェックする。わが家の夜のフリータイムは、大体においてこんな風に始まる。

 

お手軽でバラエティーに富んでいるのがYouTubeの面白いところ。「何を観るのか」をはっきりさせておけば、その大海で溺れることも、流されることもない(たまには波乗りもするけれど)。今日は、ラッコが夜のフリータイムに楽しく拝見している「YouTubeチャンネル」を、順不同で挙げてみたいと思う。

 

「winpy-jijii」さん

www.youtube.com

 

ソフトな関西弁の、ゆる~いトークが絶妙なジジイさんのチャンネル。ご夫婦でアウトドアライフを楽しまれているようで、動画を観ているだけでもアクティブな印象。けれど映像自体はゆっくりとしていて、とても落ち着く。動画の色合いが鮮やかな上、画質もキレイなので、目に心地良いチャンネル。

 

ジジイさん&ババアさんの料理が本当に美味しそうなのと、調理器具やアウトドア用品を大事に扱われているところが素敵で参考になる。お洒落なだけでなく、洒落ていらっしゃるのだ。アウトドアもしないのに、DIYでの工夫に「なるほど~」と感心してしまう。手作業とは別に展開するトークが、落語家のラジオ番組のようでほっこりする。

 

「今日ヤバイ奴に会った」さん

www.youtube.com

 

インドが好きになる動画。インドが身近になる動画。ラッコにとって「インドといえばガンジス川やタージ・マハル」だったところから「インドといえば屋台!」になった衝撃的なチャンネル。インドにお住まいの日本の方が、現地の日常を軽やかなテンションで紹介してくれる。終始穏やかな空気でほのぼのと観られる。

 

動物園や床屋さんなど、興味深いものは沢山あるのだが、何と言っても食べ物の屋台が面白い。注文した食べ物が出来上がるまでのインド流のアレコレを、チャンネル主さんがあたたかい目線、好き目線で見ているのが伝わってくる。緑シャー、赤シャー、などの言葉も楽しい。インド犬がコロコロしているのは暑いせい?

 

「スナックEnvii Gabriella」さん

www.youtube.com

 

音楽を中心としたエンターテインメントユニット「ENVii GABRIELLA(エンヴィガブリエラ)」さんのYouTubeチャンネル。メンバーは、Takassy(タカシ)さん、HIDEKiSM(ヒデキズム)さん、Kamus(カミュ)さんの3人。皆さん、とてもハンサムでいて、ご本人たちの言葉をお借りすると「オネェ」な方々。

 

チャンネル視聴者が、エンガブ(略称)さんの架空の「スナック」に遊びに来た、という設定になっていて、訪ねると「いらっしゃ~い♪」と迎えてもらえる。そもそもトークがお上手なのだが、早食い対決やドッキリ、お出掛け動画や対談などもされている。なまこさんは「#093」のドッキリを観て笑い過ぎ、治りかけの風邪をこじらせた。

 

「EMOJOIE CUISINE」さん

www.youtube.com

 

フランス在住の料理人「えもじょわ」さんの、舌と目と耳をくすぐる料理チャンネル。落ち着いた気持ちで丁寧に作られた食べものはどれも美味しそう。そして美しい。オ、オ、オ、と3回は言いたくなるくらいにオシャレでびっくりしてしまう。どっしりした洋食とお菓子作り、見ているだけで楽しい。

 

包丁をサク、サクと静かに下ろす動き、卵や牛乳を混ぜる手つきなど、ひとつひとつの所作に集中力があって引き込まれる。こんな器用さをまるで持ち合わせていないラッコは、伝統工芸士の手元を見るようにじいぃーっと見ている。そして少々お腹が空く。

 

そういう訳で

YouTubeチャンネルの動画は、短い時間の中に、さまざまな人のさまざまな世界がぎゅっと凝縮されている。それを観るだけでも、ラッコの浮かぶ海が、別の海や川、そして陸地とも触れ合っているのだと感じる事ができる。まだまだ素敵なチャンネルはたくさんあるけれど、尽きないのでこの辺で終わりにしたい。手のかかる編集作業をこなして動画を作られている、チャンネル主の皆さまに感謝しながら。