コンブにラッコ。

今日も波間から 世界を眺める 

【なまラッコラボ】まかふしぎのトビラ2

makafushigi-no-tobira

 

ようこそ、まかふしぎのトビラへ。

 

今日開きますは

 

「ファンファーレのトビラ」

 

makafushigi-no-tobira2

 

 

ファンファーレは、春の始まりを告げる海ラッパ。丸が連なったような体は何で出来ているのか、どちらがアタマでどちらがシッポなのか、くわしく知る者は誰もいない。ふだんは海の底で暮らしているファンファーレ。年に一度、冬の終わりになると、海面まで浮上して空へ飛び立つ。パラーッ、パッパラー♪と、華やかな音を響かせながら、、

 

海の中を泳ぎ、空を飛ぶ。その姿から、もしかすると「龍の‥」もとい「タツノオトシゴ」の仲間なのではないかとも言われているが、それもあくまで噂に過ぎない。ファンファーレについて分かっていることは、冬の終わりに、ラッパのような鳴き声で春を告げること。同時に、吸った空気を暖めて出していること。

 

辺りが完全に春になるまで、ファンファーレの活動は続く。本人曰く「お寒いときはおデンワください」なので、海底につながる電話番号があるらしい。こちらで予想するに「○○○-8639(マルマルマルの春咲く)」とかだろうか。気のいいファンファーレのこと、きっとフリーダイアルに違いない。本人はたぶんあのラッパの部分で受信するのだ。

 

 

それではまた、次のトビラで。

 

 

前回のトビラ

www.racco.blue

 

 

「まかふしぎのトビラ」について

www.racco.blue

 

本日の一品 『 PICKBOY サブマリンカズー 』

ファンファーレの気分を味わえそうな楽器「カズー」。自分の声を、楽器で出すような「音」に変えて遊ぶことができる。カズーの太い方をくわえて、息の量をなるべく一定にして声を出すと、振動した音がきれいに出る。トランペットの音色を「口真似」した時とちょっと似ているかもしれない。