コンブにラッコ。

今日も波間から 世界を眺める 

とある日の何気ない昼ごぱん。

hirugopan

 

鶏ハムの和風バゲットサンド

フライパンで外側をバリっと焼いたバゲットに、鶏ハム(柚子胡椒味)と胡麻マヨソースを挟んだもの。ソースには、すり胡麻、マヨネーズ、砂糖、塩胡椒、粉末だし、天かす、刻みピクルス、オリーブオイルを入れてみた。最後にカイワレを散らして、和風バゲットサンドの出来上がり。

 

一年程前、思い切ってオーブントースターを家から撤去した。パン好きなので結構迷ったが、掃除がしにくい構造で、いつの間にかパン屑祭りになるのが気になって手放すことに決めた。それ以来、わが家ではパンはフライパンで焼くことにしている。

 

やってみるとフライパンでもちゃんと焼けるものだ。トースターより時間はかかるものの、表面は十分カリッとなる。チーズを溶かしたい時はフタをすればまずまず溶ける。パン焼きの担当は同居人のなまこさん。いつも上手に香ばしく焼いてくれる。

 

ソースの担当がラッコ。具材に合いそうなソースを毎度テキトーに作る。今回は柚子胡椒味の鶏ハムがメインだったので、和風の胡麻ベースで作ってみようと思った。パンに合うか分からなかったが、食べてみたら違和感もなく美味しかった。常にぶっつけ本番のソース作りはなかなか楽しい。

 

この日はバゲットサンドに、ジューサーで作った野菜ジュースとほうじ茶をつけての昼食だった。パンや鶏ハムが市販のものでも、焼き直したり、手作りソースを合わせたりすることで、家の空気の入ったホッとする食事になる。何気ない昼ごぱん、ありがたき昼ごぱん。

 

本日の一品 『 MAILLE(マイユ) 種入りマスタード 210g 』

フランスはブルゴーニュ地方の街、ディジョンのマスタード。和からしのようなペーストタイプもあるが、こちらは種入り(粒の入っている)タイプ。辛くはなく、酸味と旨味があり、粒の食感も心地良い。わが家では、ボイルしたソーセージやジャガイモに付ける、ドレッシングに混ぜる、パンに挟むなどの食べ方で楽しんでいる。