コンブにラッコ。

今日も波間から 世界を眺める 

新月の宴はホッピーでカンパイ!

hoppi-no-utage

 

最近書いた記事「秋近し、ラッコは剥かれた栗を食む。」で、ホッピーの焼酎割りを試してみたいと書いた。思い立ったが吉日、近くのスーパーに出向き、早速ホッピーと焼酎を仕入れて来た。

 

ズボラなので詳しく調べなかったものの、ホッピーには甲類の焼酎が合うとの事で、スーパーのお酒コーナーで甲類の焼酎をゲットした。その名も「ハイ三楽」。同居人のなまこさんが、なんだか名前がお気楽でいいと選んだ焼酎である。

 

ラッコもなまこさんも基本的にビール党。焼酎はほとんど飲むことがない。今回、甲類の焼酎と聞いても、そもそも甲類って何?のレベルだった。どうやら焼酎には甲類と乙類があって、甲類の方が何度も蒸留するためクセがないらしい。芋や麦の香りがしっかり残っているザ・焼酎は、乙類という訳だ。

 

ホッピー自体についても、パッケージを目にした事があるくらいで、それがどんな飲みものなのか全く知らなかった。ホッピーだからホップ関係?子供用のビール的な?と、漠然としたイメージのまま、手に取ってみることもなかった。

 

なぜホッピーの焼酎割りに行き当たったかといえば、ひとつは吉田類さんの番組で見たこと、もうひとつはドラマ「侠飯~おとこめし~」に出て来たこと、更にもうひとつ、YouTubeチャンネル「てこ蔵」さんの動画で出て来たこと。やたら次々と目にするので、これはもう、試してみよのサインだろう(誰から?)と勝手に受け取った。

 

料理は何にするか。季節ものの料理にしたかったが、冷蔵庫を覗いたら、おや、ハンバーグが出来そうだ、となり、先入れ先出しの「ありもの料理」におさまった。お酒とグラスを冷やし、ハンバーグを焼き、その肉汁で適当にソースを作る。あとはキャベツのサラダを添えて、宴の準備は整った。

 

その日は新月の晩だった。月のない夜空、これから満月へと向かう最初の夜だ。なまこ家では、月のリズムを少しだけ生活に取り入れている。満月には古いものを手放し、新月には新しいことを宣言する。シンプルな習慣だが、約1ヶ月の中で、自分の望みや課題を明確にできる良い機会になる。

 

なまこもラッコも海の生き物の名前だけあって、月の満ち欠けに揺られて生きている。自然のリズムに合わせて吸ったり吐いたり、呼吸のように気持ちを入れ替えて、心の中の風通しを良くする。月が実際にどんな影響を及ぼしているのかは分からないが、月のリズムを借りて、自分の心にメリハリをつけることが出来る。

 

hoppi-to-kobusan

 

「この新月から〇〇しまーす」と、今の自分に必要なこと、新しくしたいことなどを軽く宣言したら、なまこ家の新月の宴が始まる。別名、ただの家飲みである。今夜はホッピーだ、焼酎割りだ、ハンバーグだ、と、ウフウフ楽しんで過ごす。のんきな人たちの、かわいらしい宴会である。

 

ほにゃっとしたフォントの麦芽炭酸飲料ホッピーは、ノーマルタイプとブラックの2種類を試してみた。ラベルに記載された飲み方「3冷」で作る。ジョッキも焼酎もホッピーも冷やすから、3冷。焼酎1:ホッピー5、氷は入れない、焼酎の後にホッピーを勢いよく注ぎ、かき回さない。焼酎は25°と書いてあるのを知らず、今回は20°で。

 

思ったより、ではなく、思っていたのと全く違って、至極さっぱりした飲み心地。なにこのスッキリ感。焼酎も確かにクセがなく、ホッピーの風味を消さない。美味しい。飲みやすい。「えーっ、イメージ違う!」これが今回の主たる感想だった。甘くないのね、子供用じゃなかったのね、と、なまこさんと驚き合った。

 

ノーマルホッピーがプレーンなビール寄りの風味なら、ブラックは黒ビール寄りの風味と言えるだろうか。個人的には、ブラックは少し甘みが感じられた。さっぱりした食事ならノーマルタイプが合いそうだ。とにかく、甘いジュース風でないのが意外だった。試してみないことには分からないものだ。

 

ホッピーには「キンミヤ」と呼ばれる焼酎が合うと言われているらしい。ブルーのパッケージがきれいな甲類の焼酎だ。残念ながら、ラッコの住んでいる界隈では見つからなかった。そのうち巡り合えた時に、キンミヤで割ったホッピーも試してみたい。

 

順番で言えば、次は満月の宴。その満月の前に、中秋の名月がある。今年は10月4日だそうだ。晴れて、きれいな月が見えると嬉しい。昇りかけの赤く大きな月、中空に煌々と輝く金色の月。その光を眺めながら、過去の気持ちや思い込み、古い在り方を、感謝して手放せるといい。

 

食のボンノーはまだ手元にあるので、その時には餃子を作るのも悪くないと思っている。片栗粉をしっかりはたいて、パリッとハネのついた餃子を。どうもラッコの日常は、食とネコとで彩られている。段々と食べものブログみたいになってきているのが、自分でも気になる今日この頃である。

 

追記。1枚目の写真、奥の方で、コブさんがこっそり宴を見ている。

 

本日の一品 『 一正蒲鉾 カリッこいわし 』

ホッピーを買いに出かけた時、偶然見かけて購入した。しっかりした食べ応えの「お魚うまい」お菓子である。粉っぽい感じも意外と好み。一袋でたっぷりカルシウムが摂れるらしいが、そこはお菓子なので、ぼちぼち食べることにする。