コンブにラッコ。

今日も波間から 世界を眺める 

原点に還り、ふたたび始める。

tree

 

この世に生まれて最初に見たものは何だったのだろう。子供の視力が大人と同じくらいになるのは5歳頃と言われているらしいので、それまではまだ、少しぼんやりした世界の中で生きていることになる。

 

生まれて最初に見たものは覚えていないが、記憶の中での最初の風景はある。それはどこかの神社の参道の、とても大きな樹の映像だ。広くて長い一本道が通っていた。その道を両側から囲むように、大きな樹々が並んでいた。目の前には、その内の一本がまっすぐに生えていて、ワタシはそれを上の方まで見上げ、なんて大きな樹なんだろう、と思った。

 

よく探せばもっと古い記憶もあるはずだ。しかし、自分が「見た」ものに対して「何かを感じた、思った」という意味で、はっきり記憶に残っているのはこの時の風景である。記憶はしばしば改ざんされるので、もしかしたらこの記憶も本物ではないかもしれない。それでも自分としては、とても印象的な出来事だったと思っている。

 

なぜ印象的だったかと言えば、おそらく今書いたように「見た」と「感じた、思った」がセットになっているからだ。ただ目に映っていただけではなく、大きな樹だなあ、という自分の感想があった。その時心の中に湧いた一種の感動が、自分の記憶として、感情として今でも残っている。

 

雰囲気から推測するに、おそらく3歳頃の出来事ではなかろうか。地面が近く、道は広く、樹はとても大きかった。今その場所に行ったら、神社狭っ、樹小さっ、などと思ってしまいそうだ。たまに、家の中のネコになった自分を想像してみるのだが、子供のワタシと大人のワタシでは、それくらいの認識の差はあるに違いない。

 

子供にとっては何もかもが大きい。人間の大人なんて巨大なヒトだ。高い所から見下ろされ、小さい体が更に小さくなってしまう(そうならないお子もたくさんいるが、ラッコはそんな感じだった)。そういえば音や味覚に関しても、今より強烈に感じていた気がする。ある程度安定した新しい肉体では、きっと感覚そのものが鋭敏なのだ。

 

意識はいつからあるのか、と言えば、生まれる前の記憶がある人もいると聞くので、すでに胎内であるものなのだろう。もちろんお腹の中で感じていることをその場で言語化している訳ではないと思うが、後々、そこで感じたものに言葉を付けるならこうだった、ということなのだろう。

 

ラッコの最初の記憶も、その時に「この樹、大きいな」と言語化していたかどうかは分からない。後で振り返った時に付いた言葉なのかもしれない。ただ、樹を見た時にふわっと湧いた感動は、言葉にしなくても存在しているものだった。

 

heart

 

人間、そして全ての存在は、そもそも意識体として存在しているのか、肉体として生きる間のみ存在しているのか。肉体を持っている間だけ意識があり、死を迎えると無に帰する。そうかもしれない。肉体を持つ前から、すでに意識体として存在している。そうかもしれない。二つの考え方を並べてみても、どちらもそのようでありそうだ。

 

本来、このラッコは割と素直な性格で、説得力のありそうな説を知ると、なんだかそれが正解のような気がしてしまう。が、確かな回答をどこに求めればいいのか分からないので、これはまだワタシの中での保留案件である。

 

個人的な希望で言えば、意識体として存在していてほしい。肉体が原子の集まりで出来ているとしたら、量子レベル(で良いのか?)では、壁抜けも出来そうな、すき間だらけのものだとしたら、ラッコもそれほどの固体ではない。

 

意識体が存在するとして、もしそれが今の科学で可視化できる物質で構成されているなら、死んで消滅なんてこともありそうだが、この宇宙に、目に見えない物質がまだまだ存在するとなると、肉体が消えた時に、不可視の意識体がぽわーっと抜けても誰も分からない。

 

ラッコの暮らす家には、チャマトさんという立派なネコがおられた。15歳でこの世を旅立ったチャマトさんが、肉体と共に意識まで消滅したと考えるのは、まずラッコの感情として難しい。それに、死に際しては色々と不思議なことが起こる。そういう自分の経験を加味しても、死んだら何もないと言い切るのは難しい。

 

この世界においては、肉体では捉えられないものが多すぎる。ワタシたちが光や色として認識しているものは、ごく一部の波長のものであり、今この瞬間も宙を飛び交っている情報も、ワタシは何かしらの端末なしでキャッチすることは出来ない。この空間は、まだ見ぬ何かでいっぱいなのだ。

 

ラッコは何をもって、この世界を判断すればよいのか。自分の胸に聞く、という言葉がある。意味は、自分の心に耳を澄ませて本当の気持ちを確かめる、だと解釈している。目に見えない世界を追求する人々の言葉でも、ハートに聞く、という表現がある。意識体があるなら、その辺りに座している、あるいは関係しているのだろうか。

 

神社の樹を見て「わぁ」と思った時、確かに胸の辺りに広がりを感じた。ドキドキする時も、ワクワクする時も、ビックリした時も、不愉快な時も、いつも胸を中心に衝撃が走る。胸の辺りと感情はいつもリンクしている。

 

だからラッコの感覚として、何かを判断する時、大事にするのは胸に受ける「感じ」だ。そこをないがしろにすると、後でとても胸が痛む。実際に胸が痛くなるのだから、自分の胸に聞くよりしょうがない。しかしその「感じ」に従うと、なぜかあまり後悔が残らない。だからワタシは、自分の胸の「感じ」を大事にすることにしている。

 

感じた事を、言葉にする。捉えた世界を、言葉にする。頭からではなく胸の辺りからスタートする。大人になった今だからこそ、そうして生きていけたらいいと思っている。時々は最初の記憶に立ち戻って、その感覚を忘れずに過ごしていきたい。

 

本日の一品 『 天恵(グレース)の花びら 』

光を浴びるような気持ちで開く本。感想を言葉にするのが難しい。一度読んだら、時間を空けて、また読んでみる。ラッコにとってはそんな一冊です。