コンブにラッコ。

今日も波間から 世界を眺める 

「ワタシとは何か」の扉を叩く

hatena

 

ワタシとは何か。確かに「ここ」に存在するけれど、何者かは分からない自分。ラッコという名で呼んでみても、本当は名もなき者のように感じている自分。

 

瞬く星を見る。伸びたネコを見る。過ぎ行く人を見る。何かを見てはいるものの、音を聞いてはいるものの、モノに触れてはいるものの、臭いを嗅いではいるものの、それを「している」ワタシは誰なのか。ワタシはここで何をしているのか。ワタシはなぜここにいるのか。

 

ネコは自分の存在に対して「なぜ」などと疑問に思っていないように見える。彼らは今という瞬間瞬間にフォーカスして動いているように見える。だから本当は「なぜ」と考える必要さえないのかもしれない。その方が健全で迷いなく生きられるようにも思える。

 

ワタシとは何か。考えてみても分からない。それはその答えが「考え」という小さな括りの中にはないからだろう。この頭のちっぽけな、道順の決まった思考回路の中からは、このような問いへの答えはおそらく出てこない。この人生で覚えたほとんどのことは、誰かやどこかからの借り物に過ぎない。

 

時たま、他人のことが分かるような錯覚を起こす。この世界のことが分かるような錯覚を起こす。それは、現実を現実として、人を人として捉えるために、この頭もシッポもないグニャグニャの世界をどうにか形として捉えるために、ある程度は必要な感覚なのかもしれない。

 

(まだ実際に確かめたことはないが)地球が丸いとすれば、人はたこ焼きに刺さった爪楊枝のように、その球体の上に立っていることになる。もし赤道の上に立ったら、地球に対して真横から突き刺さっているのだ。これだけでもう正気の沙汰ではない。当たり前の顔をして地球に立っていることさえ出来ない。

 

南極でジャンプしても地球からは落ちない。引力が働いているというが、そもそも引力とは何なのか。なぜそんな力があるのか。地球の自転や公転、重力や質量の話を持ち出してみても(よく知らないが)、なぜそれがあるのかと子供のように突き詰めていくと、不思議だね、という一言で終わるような気がする。

 

uchu

 

ラッコは今日、いつものように昼ご飯を食べた。ローテーブルの上に、パンと目玉焼き、チーズに麦茶。変わらない日常、当たり前の景色。しかしカメラのように引いていくと、島国が海に浮かび、いくつもの大陸が浮かび、丸い地球が宇宙に浮かび、太陽系が浮かび、銀河系が浮かび... 。広大な宇宙の中にポツンと浮かぶ、小さな星の上でのラッコの昼ご飯。全然当たり前ではない。

 

地球の自転は秒速約460m、公転は秒速約30kmなのだそうだ。当然ながら「転」は「まわる」という意味なので、地球は今もビュンビュン自転しながら、太陽の周りをビュンビュン回っている。その太陽もまたビュンビュン公転していて、とイメージすると、もはや「ジェット機の上でご飯を食べているのか?」という気持ちになる。それにしてはあまり風を感じないけれども。

 

科学的説明以外の話として、なぜこうなっているのやら、自分の置かれている環境の意味が全く分からない。たとえ「これが答えだ」と試しに言ってみても、いったい誰が「そうですよ」と返事をくれるだろう。誰が本当の答えを知っているだろう。

 

答えのない日常を、地球と共に旅する。スペースシャトルで飛んで行かなくても、今この瞬間も、広い宇宙を地球に乗って旅しているらしい。ラッコという一人のキャラクターでいる間に、どれだけのことを知ることができるだろう。答えのない問いであるとしても、自分なりの解に近いものを、見出すことが出来るだろうか。

 

ワタシはここにいる。何なのかと訊かれると分からない。ただ存在していて、自分という視点から外の世界を眺め、なにかを感じ、思ったり考えたりしている。自分と人が同じように世界を見ているかどうかは分からない。共感し合っても、本当に同じかどうかは確かめようがない。

 

この世界には、さまざまな方向から、さまざまな形で、このような問いに光を当てる人たちがいる。もしかすると、世界の成り立ちにうんと近づいている人も、どこかに存在するのかもしれない。ラッコはその入り口に、立てているのかどうかもアヤシイが、生きている間に、何かそういう謎のひとつでも知れたら面白いだろうと思っている。

 

本日の一品 『 新・ハトホルの書 』

別の銀河系どころか、別の宇宙や別の次元の存在のお話。何を信じ、何を採用するのか。それによって、自分の世界の全体像が変わってくるとラッコは思っている。そういう意味では、世界はひとつに見えて、人の数だけありそうで、とても興味深い。