コンブにラッコ。

今日も波間から 世界を眺める 

エアコンは海の匂い?

air-conditioner

 

八月も後半、暑さ和らぐかと思いきや、まさかこんな猛暑日が続くとは。うだるような暑さの「うだる」は、茹だると書くらしい。茹(ゆ)であがるような暑さ。グツグツしたお湯の中で、卵のように固くなり、タコのように赤くなる。それはまさに今の自分のことだろう。

 

午前中にも関わらず、窓を開け放っているにも関わらず、座っているだけで汗をかく。そんな暑さの最中、わが家の唯一のエアコンが、突然、海べたの香りを放った。

 

外からの熱風に耐えかね、いつもより早めの冷房スイッチオンでピピッと音を鳴らした。ブゥーン。快調に運転を始めたエアコンの真下、ラッコは涼しい風が下りてくるのを待っていた。あぁ、ありがたやぁ、、って、くさっ! え、なにこの風、なぜこんなに磯!?

 

どうやらエアコン氏、夏の始まりからせっせと働いてくれた結果、フィルターではなく、内部にあるファンが汚れてしまっていたらしい。同居人のなまこさんが、春にフィルターとファンを掃除してくれていれたのだが、気づかぬ間にまた汚れの限界が来ていたようだ。

 

言ってしまえば、定期的にきちんと点検してあげなさいよって話である。ぼーっと暮らしているラッコは、その時が来てから急にあたふたと騒ぐ。「なまこさん、大変だ!エアコンから磯の臭いがする!」今回もまた、なにコレ予想外!みたいな顔をして報告したラッコに対し、「あー、そろそろだと思ってたんだよねぇ。」と、余裕の表情のなまこさん。

 

ラッコ、今から掃除をします!上から吹き下ろすまさかの浜風に居ても立ってもおられず、掃除を始めたワタシ。夕方涼しくなってからでいいかーという心持ちにはなれなかった。それにしても、前日までは何の匂いもしなかったのに、臨界点でもあるのか、本当に突然異臭を放ち始めるから不思議だ(或いはワタシが鈍いだけか?)。

 

なまこさんが春にファンの掃除をしてくれた時は気づかなかったのだが、風の出口に付いているハネは、実は取り外しが可能なパーツだった。前回なまこさんは、そのハネの間から割り箸を突っ込んでファンを掃除していたが、さぞ大変だったことだろう。

 

今回、作業の前に何となくハネを眺めてみたところ、意外とハネが柔らかい素材であることが分かり、たわませて外すことに成功した。お、おう、汚れているじゃないか。。横長の、円柱型のファンを覗き込んで、そのホコリ&カビ具合に驚き入った。臭いの原因は間違いなく、このホコリ&カビの方々だった。

 

kankan-bare

 

昼前の外はカンカン晴れ。窓を開けると落ちたホコリが舞いそうなので、エアコン近接の窓は閉め切り。暑い、が、涼むためには掃除が必要。ラッコは、ファンのすき間のひとつひとつに綿棒を差し込み、見るだけで「うぅっ」と声が出てしまう黒い汚れを、約一時間かけて掃除した。

 

最後の溝のひとつまで掃除し終えた時は、ふぅぅ~っと、安堵と達成のため息が出た。目に見えるファンがこんなに汚れているのだから、奥のパーツとなると、、もう考えない方が良い。そこからは業者さんの範疇だ。今出来ることはしたのだから、とりあえずはこれで。

 

ブゥーン。ファンが回る。まだ少し匂いは残っているが、ずいぶん改善された。ネットで調べると、カビを抑えるスプレーなども存在するらしいので、一度使ってみるのも良いかもしれない。とにかく、エアコンのお掃除チェックは、もう少しマメにしなくては。

 

汗だく汗まみれになったラッコは、シャワーを浴びて、エアコンの涼しい風の前に立った。夏の冷房、ありがたい。うちはネコが風邪を引きやすいし、自分たちもキンキンに冷えるのは苦手なので弱めにしか付けないのだが、ここまで真夏日や猛暑日が続くと、エアコンの存在なしでは溶けてしまいそうだ。

 

家にいる時はランニングと短パン。出来うる限りの薄い恰好に挑戦している。もう少ししたら秋が来て、涼しさを越えて寒さが訪れる。そうなると今度は、あの夏の身軽さが幸せだったな、などと、暑かったことをすっかり忘れて言ってみたりする。

 

今は夏の楽しみを存分に味わって過ごしたい。暑い中で食べるアイスや素麺の涼やかさ、薄着でゴロゴロと転がれる快適さ。猛暑日のエアコンの掃除も、また良い思い出になる。あれは暑かったなぁ!なんて言う時は、結構その記憶を楽しんでいるものなのだ。いや、ほんとーに、暑かったけれども。

 

追記的に書いておくと、本来の海の匂いは、潮風の心地良い匂いです。エアコンの汚れが、その匂いを濃縮し拡大した延長線上にあったということで、あしからず。

 

本日の一品 『 手延素麺 揖保乃糸 』

手延素麺 揖保乃糸 上級品 300g 10袋

手延素麺 揖保乃糸 上級品 300g 10袋

 

なまこさんのお母さまからよく送って頂く素麺、揖保乃糸。つるしこっとした喉越しが涼しさを感じさせてくれる。冬は冬で、チャンプルー風にして炒めて食べると、これもまた美味しい。「麺茹で」は、なまこさんの得意分野。職人みたいな手さばきできれいに洗い、ちゃっちゃと水切りして出してくれる。