コンブにラッコ。

今日も波間から 世界を眺める 

夏と車検とドトールコーヒー。

kuruma

 

二年に一度の車検の日がやって来た。なまこ家の車は、20歳オーバーの立派なお年になられているので、毎回車検の時には、何が出てくるやらと、ちょっとドキドキする。

 

皆さんご存知の通り、車検は「この日までに」と決まっている。うちの場合、その期限が、この8月後半、夏真っ盛りの時期なのだ。以前書いたが、わが家の車は長らくエアコン故障中なので、昼間に出かけるとなると、真夏日にサウナに入るようなものである。

 

いつも車検を受けている所まで車で1時間。見積もりを合わせると、最低2回は行かなくてはならない。なまこ家の二人、つまりラッコ(ワタシ)となまこさんは、この苦行のような時間を、以下の方法で乗り切っている。

 

まず、首の後ろに保冷材を当てる。それを留めるために使うのが大判のハンカチ。小さめの保冷材をクルクル巻いて首に当て、ひも状になったハンカチを首の前に回して結ぶ。突然ボーイスカウト入りした、なまこ家2名の出動である。Tシャツにバンダナとは、はたから見なくても、なかなか「おされ」な姿だ。せめてもの気持ちで、ヒモは可愛らしく結ぶことにしている。

 

膝の上には大きめの保冷材を置く。B5サイズくらいの厚みのあるものが好ましい。薄手のタオルなどを巻いておくと濡れないし、冷たすぎない。うちにはひとつしかないので、時間制で交互に使っているが、これが結構涼しくて良い。

 

日の当たる席に座る人は、停車時に窓に貼っておく黒いサンシェードを、肩や膝辺りに乗せておく。これだけでも随分日差しが和らぐものだ。後はもう、なるべく早い時間に動き、できるだけ信号に当たらないよう祈りつつ、走り続ける。窓からの風が自然の冷房、車が止まると風も止まる仕組みである。

 

まあざっとこのような対策をして、我々二人はどうにか目的地へとたどり着く。車検の日は前もって決めるので、曇りの日を選んで行くことができない。今年もすばらしい晴天の中、無事に行って帰って来た。現場に着いた時、太陽側に座っていたなまこさんの白い顔は、ホクホクに赤くなっていた。なまこさんは店内に展示してある車用の扇風機の前でしばらく涼んでいた。

 

atsui-kobusan

 

二年に一度は、思うよりすぐに巡って来る。夏季オリンピックと冬季オリンピックも、交互に開催されて、二年に一度。すぐに巡って来る気がする。車検は四年に一度くらいで十分な気もするが、点検し調整してもらうと、足回りが軽やかになり車が若返るので、やはりちょっと嬉しい。

 

ほとんど故障のない優秀なわが家の車だが、人間と同じく、メンテナンスは大事なのだ(あまり出来ていないにせよ)。車に付随するモノゴトは多く、「買った」だけでは終わらない。けれど、今のラッコの生活は、車があることで豊かになっていることの方が多い。暑かろうと遠出できるのは車のおかげ、買い出しが簡単なのは車のおかげ、楽しいドライブも車のおかげなのである。

 

なまこさんと二人一致で選んだマイカーは、デザインから乗り心地まで本当に気に入っている。好きなものを選べば、愛情を持って長く使える。その分、いつか乗れなくなる時が来るのは寂しいけれど、どうしてもの日が来るまでは、大事にして、一緒に時を過ごしたいと思う。エアコンの修理も、もはやマストではないが、きっとそのうちに。。

 

本日の一品 『 ドトール ドリップパック バラエティパック 』

ドトール ドリップパック香り楽しむバラエティパック×6個

ドトール ドリップパック香り楽しむバラエティパック×6個

 

なまこ家は日帰り車検。空いた時間にドトールでお茶をする。ラッコはアイスコーヒーとジャーマンドック、なまこさんはホットコーヒーとピクルスドックだった。カフェで過ごす時間はとても楽しい。日頃、コーヒーは豆から淹れているが、このドトールのドリップパックは美味しく頂ける。