コンブにラッコ。

今日も波間から 世界を眺める 

ネコのお仕事を応援する、100円ショップのステキな2品。

お題「100均で買ってよかったもの」

neko-jarashi

 

わが家のネコ2匹は、日夜ごろごろするのが仕事であるらしく、カーテンよじ登り任務や、虫の捕獲任務などのアクティブワークはそれほど得意としていない。室内暮らしなので、捕まえるネズミもいない(そういえば二度ほど天井裏を何かが走っていたが、あれはネズミだったのだろうか)。

 

けれど、そんなネコたちにも、お気に入りの任務、兼、遊びがいくつかある。それは、追いかけっこ、プロレス、あとはオモチャ遊びだ。このオモチャ遊びの任務に活躍するのが、100円ショップのオモチャ2品である。

 

ひとつめは、コブさん、モッツさん両方のお気に入り、蛍光色の猫じゃらし。ピンクとグリーンの2本セットで100円のものだ。明るい色が見やすいのか、細さが丁度よいのか、歴代何本使ったか分からないくらい、彼らの中で、猫じゃらしはコレと決まっているようだ。

 

羽根付きのものや、動物の毛に似たタイプを見せても、今までのところ、あまり反応はなかった。遊んでみて反応がないと、こっちの方がお上等なのにネと、ちょっとシュンとなる。が、ネコの喜ぶものが一番なので、楽しく遊べるものがあるなら何でもありがたいと思っている。

 

このカラフルな猫じゃらしが、就寝前の遊び時間に登場する。さてそろそろ寝ようかと人間たちがマットレスを出すと、わが家のネコたちはどこからともなく現れる。さて遊びましょうかということらしい。彼らによっていつの間にか設けられた、寝る前のひと運動の時間である。

 

転んでも平気な低反発マットレスの上で、猫じゃらしを右へ左へ滑らせる。すると、右から左からネコが滑り込んで来る。コブさんは、ゆっくりと遊びつつ、ある時ふいに興奮してシッポが爆発し、こりゃもうどうにもならん!と、なぜか明後日の方向へ駆けて行く。ハイになりすぎて居ても立っても居られないらしい。まあすぐにお戻りになるのだが。

 

モッツさんは、猫じゃらしの後を追って、右へ左へ大往復するタイプだ。7、8回走った所でこちらがブレイクを入れないとホンキで息切れしてしまう。日頃から、コブさんよりモッツさんの方が活発で興奮しやすいタチであり、そういう性質は子ネコの時から変わらない。

 

ちなみにモッツさんは、猫じゃらしを「仕留める」と、小さな前歯でしっかり挟み、全く放してくれない。そして、くわえたまま後ずさりしてどこかへ持っていこうとする。その力といったら、人間も一緒に引っぱっていく勢いである。体は小さくとも、気持ちはたくましいモッツさんなのだ。

 

nezuko

 

100円ショップのネコのオモチャ、ふたつめは、モッツさん専用、かわいらしいネズミのぬいぐるみ。これも色違いの2つセットで売られている。今現在、わが家に6匹ほど所属しているネズミたちの中で、ひとつだけ、明らかに顔色の違うネズミがいる。それが上の写真の左側に写っている御方だ。

 

お分かりだろうか、いや、確実に分かっていただけるだろう。このヒトどうしちゃったのと言いたくなる変わりようである。元の姿はもちろん右側で、モッツさんの深いぬいぐるみ愛によって、この何とも表現しがたいお姿になられた。

 

ネズミのぬいぐるみ全体を、わが家では親しみを込めて「ネズ公」と呼んでいる。そしてモッツさんの一番のお気に入りネズミを、特別に親しみを込めて「ボロ公」と呼んでいる。オモチャ箱の隅っこに隠しておいても、モッツさんは必ずボロ公を見つけて持って行く。なぜこれなのかは未だに分かっていない。

 

ネズ公の遊び方はいたってシンプル。くわえて歩き、投げては転がす。これだけだ。ネズミ退治を任務とする美術館のネコほどではなくても、モッツさんも自分なりの任務をこなしておられる訳だ。マジメな顔してネズミを運ぶ、そのけなげな姿を見ると、ラッコはつい「あらカワイイッ!」と口にしてしまう。だってホントにカワイイのだから。

 

本日の一品 『 アイリスオーヤマ ネコの爪とぎスリム オレンジ  』

ネコの重要なお仕事のひとつ、爪とぎ。コブさんとモッツさんは、この段ボール交換式の爪とぎを使っている。硬くしっかりしていて長く使えるし、ケースに入っていて安定感があるのが良いところ。またたびシール付き。うちでは更に、またたびの粉をプラスする。ときどきコブさんが思い出したようにうっとりしている。

 

 

ネコたちのお気に入りオモチャ、更に詳しく↓↓

www.racco.blue