コンブにラッコ。

今日も波間から 世界を眺める 

まるい月を謳う

moon

 

欠けゆく月の まるさを想う

ほとんど欠けた 雲の日も

月では ウサギが 跳ねている

 

ピョンピョン ピョピョン 月は平らさ

ボクらにとっちゃ 広い土地

変わらぬ太陽 月から見てる

明くる日 まわる陽 人知れず

 

新しもの好き 月から見てる

たまには チキューも 悪くない

飛んでる UFO 乗せてって

青く きれいな あのホシへ

 

ピョンピョン ピョピョン ウサギは跳ねる

なんなら 見せましょ このすがた

月の光の ある時に

 

欠けゆく月の 暗がりで

あるいは月の 裏側で

平らな土地と 駆けている

ウサギは 今日も つゆ知らず

月が まるいと つゆ知らず

 

本日の一曲『 Clair de Lune(月の光) 』 

月の光(「ベルガマスク組曲」より) [ドビュッシー]

月の光(「ベルガマスク組曲」より) [ドビュッシー]

  • フジ子・へミング
  • クラシック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

どこからか、頭の中にこの曲が流れてきて、月に関するコトバアソビを書こうと思った。クラシックには全く明るくない。そんなラッコでも、こぼれ落ちる詩のようなフジ子・ヘミングのピアノに、時を忘れて聴き入ってしまう。(敬称略)

 

Clair de Lune(月の光)を含むアルバム「憂愁のノクターン」

憂愁のノクターン

憂愁のノクターン

  • アーティスト: フジ子・ヘミング,ショパン,シューベルト,ブラームス,リスト,ドビュッシー
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2000/08/23
  • メディア: CD
  • クリック: 5回
  • この商品を含むブログ (19件) を見る