コンブにラッコ。

今日も波間から 世界を眺める 

海水浴を謳う

sora-to-tori

 

海に浮かぶ クラゲも浮かぶ

太陽光線 ジリジリ歌う

 

眩しい夏の 光は白く

海に浴する 心を洗う

 

小さく聞こえる鳥の声

きっと向かうは島の方

 

木陰もとめてヤシの下

眠るだれかが口ずさむ

 

 ここへおいでよ 知らぬなら

 海のむこうを 知らぬなら

 

 越えてゆくのさ 目をつぶり

 夢のはざまを 波に乗り

 流れ着くのさ この島へ

 

海に浮かぶ クラゲも浮かぶ

太陽光線 ピカピカ映える

 

見える世界は くらやみの

まぶたの裏の 新世界

 

 ここへおいでよ 目をあけて

 波のゆくえを 知るのなら

 

 たどり着くのさ キミの家

 ヤシの木陰を すり抜けて

 会える人こそ キミの友 

 

眠るだれかが口ずさむ

ここへおいでと胸の奥

 

本日の一曲『 Alfonsina y el Mar(アルフォンシーナと海) 』

Alfonsina Y El Mar

Alfonsina Y El Mar

  • クリスティーナ・ブランコ
  • ワールド
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

ポルトガルの民俗歌謡ファドを歌う、クリスティーナ・ブランコによる一曲。「アルフォンシーナと海」は、アルゼンチンの詩人、アルフォンシーナ・ストルニを歌ったフォルクローレらしいのだが、背景を知らなくても、透き通った歌声と、切ない音楽が心に沁みる。

 

Alfonsina y el Mar(アルフォンシーナと海)を含むアルバム「ユリシーズ」

ユリシーズ

ユリシーズ

  • アーティスト: クリスティーナ・ブランコ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2005/03/23
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る