コンブにラッコ。

今日も波間から 世界を眺める 

「マヨネーズ」はフランス語かと訊かれたもので。

「『マヨネーズ』って、フランス語?」と同居人のなまこさんに尋ねられた。マヨネーズ。響きはとてもフランス語っぽい。どの辺が「ぽい」のかと言うと、終わりの「ネーズ」の部分。これはフランス語の形容詞(女性形)によくある音なのだ。それにラッコは、…

【なまラッコラボ】まかふしぎのトビラ7

ようこそ、まかふしぎのトビラへ。 今日開きますは 「ホシのトビラ」 ホシのトビラの向こうでは、星は丸い恒星ではない。5つの角を持った星マークの「☆」である。上の出っ張りは頭かもしれないし、左右は腕で、下のふたつは足かもしれない。真ん中にあるのが…

息も止まるような「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」

かつてのフランス滞在中、はるばる海を越えて遊びに来た家族と共に、ロワール川流域の古城巡りをした。一日のツアーでたくさん回ったせいか、時が経ったせいか、結局どこへ行ったのかすっかり忘れていた。旅関係のフォルダを覗いてみると、上の写真のシュノ…

【なまラッコラボ】まかふしぎのトビラ6

ようこそ、まかふしぎのトビラへ。 今日開きますは 「グーパンのトビラ」 お腹が空いたらグーパン王国へ。隣国のパパン王国から続くハイウェイの看板に、そんな謳い文句が大きな文字で書かれている。看板を書いたのは、グーパン王国の王子とお姫さま。いつも…

ラッコのオフィス時代「トンデモ弁当」ここにあり。

白飯にウィンナーが一本。これを「弁当」として会社に持って行っていた人がいた。何を隠そう、隠せまい。ラッコである。なにこれ弁当とは呼べない。それが今になっての感想ではある、がしかし、その時の自分には「せいいっぱい」の弁当だった。なぜかと言え…

「春を感じられる歌」が「春うた」であるということ。

はてなブログ『今週のお題「わたしの春うた」』に沿って、ラッコの「春うた」を3曲選んでみる。「春の歌」ではなく、あくまで「春に聴きたい歌、このうららかな気候の中で、窓を開けて、風を迎えて、その中に流れていてほしい曲」というチョイスでいきたい…

【なまラッコラボ】まかふしぎのトビラ5

ようこそ、まかふしぎのトビラへ。 今日開きますは 「きごうのトビラ」 さまざまな性格を持つ記号たちが、笑って歌って驚いて。文章の終わりに付けた「。」もきっと、「くん」だか「さん」だか、ひとつの個性を持つ記号のなかま。ルーペで覗いたら、その顔が…